イラスト・CG:「雲流」使用作品実例

鈴木 友章 / USK COFFEE

グラフィックデザイナーの鈴木 友章さん(スズキモダン代表)は、
「A.I.J.P. 雲流薄口 白」を使って、小笠原産コーヒーのパッケージを
デザイン・製作されています。お使いいただいた感想をお伺いしました。


「私自身、日本でコーヒー豆を生産しているとは知らず驚きでした。
パケージデザインは「日本産」という要素が軸になっています。
商品である豆自体を前面に出すためパッケージで全てを覆って
しまうようなことはせず、あくまで脇役に徹しようと思いました。
  
そこで思いついたのが和紙の使用。
華美な装飾はあまりしない中で静かに主張する和紙の紙質。
肌で「日本産」を感じてもらえるように...。

ネットで調べているうちに、アワガミさんを偶然見つけ、自分のプリン
ターで印刷するという手段に辿り着きました。数種類を試せる見本紙セ
ットがあり、とても役立ちました。
自分で印刷できるということは、数に限度はありますが、 仕上がりを確認
しながら作業できますし、クライアントの増刷の依頼に1枚単位で即対応
できるので強みです。

おかげさまでクライアントにもご満足いただいております。
ありがとうございました。」

詳しく見る

SASAWASHI /(ショップ 東京・青山)

「AIJP雲流紙ロール」を素敵に使われたご使用例です。
幅111.8cm×長さ15mのロール紙を、うまく活用していただきました。

こちら東京は青山の「SASAWASHI」というお店で、ブランドのロゴを
「AIJP雲流ロール紙」にプリントされ、タペストリーにされました。

「光を当てたときに、透け感や表情感もあっていいイメージで、
 なおかつ、強度があるので、重宝しております。」

と、嬉しいお言葉をいただきました! ありがとうございます!

| 1 |