イラスト・CG作品実例

にしむら かおり / 大坂夏の陣 「にゃんたときはち」

---にしむら かおりさんからの感想---

アワガミファクトリーさんをインターネットで知り、今回「 IJ-0343 楮(厚口)生成 A3サイズ」を使用しました。

私の作品はフォトショップでの彩色ですので、原画はデジタル出力した形になります。
なので、紙のちがいが色調のちがいに率直に反映されます。
アワガミファクトリーさんの和紙に出合うまで1年くらい試行錯誤して探しました。

プリントアウトも私の重要な制作工程なので、最後はまるで浮世絵の摺師みたいになって、
ミドリが強い、キイロが弱いと何回も微調整を繰り返しながら最後の色にたどり着きます。

アワガミファクトリーさんの和紙は、一般的な用紙とは風合いや微妙な中間色の濃度が違いました。
とにかく墨のかすれ具合や濃度を表現したい時には最適で、
私の作品は日本の絵巻物を意識して彩色しているので特に良かったです。

それから、何より私がアワガミファクトリーさんに感謝したいのは西国の阿波で和紙を作られていることです。
これから、私は関西の上方を舞台として作品を描こうと思っていますので、大坂の北前船の話や、
宗右衛門町の義太夫の話を、阿波の和紙で刷っていますというのは関西文化を世界に広める上で、大変誇り高いことだと思うのです。

今後、自分のルーツ(大坂船場商家)という狭く濃いテーマを軸とした絵本を、世界に向けて発信していきたいと思っています。

詳しく見る

津島 タカシ / 作品展『ネコモノガタリ』より

---津島 タカシさんからの感想---


竹和紙は画面がふんわりと柔らかな風合いで、作品自体の雰囲気が柔らかく表現出来る上、インクの
発色も綺麗に出るし、インクのノリもしっかりとした「力」の様なものを感じます。
作品の厚みのようなものが表現できるので重宝して使用しています。

今回、作品に使用した紙はすべて「竹和紙」です。
「A4竹和紙」「A4耳付き竹和紙」「A2竹和紙」です。

作品の制作にはPhotoshopを使用して、様々な素材やペイントした素材などをレイヤーで分けて、それ
ぞれを一つの「版」と捉えて画面上に重ねて作品を作っていく「版画」という意識で制作してます。
その作品を刷るのに竹和紙は私の作品にベストな紙です。

オビカカズミ / 私の居るトコロ

---オビカカズミさんからの感想---

和紙を使うきっかけは、
「以前からプリントアウトする紙をいろいろと探していたのですが、昨年の個展開催を
キッカケに真剣に探し始めていたら友人からプリントアウトできる阿波和紙があるとす
すめられて。」だそうです。

実際に使われてみて、「手差しで一枚一枚いれないといけないところ。」は、困った点
ですが、「なんといっても風合いがいいです。デジタルとはおもえない暖かみが出ます。
よく"版画ですか?"と聞かれます。」とのこと。


写真は、オビカさんの住む四国瀬戸内のモノや風景が描かれた作品を展示された
「表参道・HBギャラリー」での「私の居るトコロ」展の様子。
http://awagami.jugem.jp/?eid=842

A3の作品はアワガミファクトリーの出力サービスもご利用いただきました。
http://www.awagami-aijp.com/print/service/index.html


詳しく見る

鈴木 友章 / USK COFFEE

グラフィックデザイナーの鈴木 友章さん(スズキモダン代表)は、
「A.I.J.P. 雲流薄口 白」を使って、小笠原産コーヒーのパッケージを
デザイン・製作されています。お使いいただいた感想をお伺いしました。


「私自身、日本でコーヒー豆を生産しているとは知らず驚きでした。
パケージデザインは「日本産」という要素が軸になっています。
商品である豆自体を前面に出すためパッケージで全てを覆って
しまうようなことはせず、あくまで脇役に徹しようと思いました。
  
そこで思いついたのが和紙の使用。
華美な装飾はあまりしない中で静かに主張する和紙の紙質。
肌で「日本産」を感じてもらえるように...。

ネットで調べているうちに、アワガミさんを偶然見つけ、自分のプリン
ターで印刷するという手段に辿り着きました。数種類を試せる見本紙セ
ットがあり、とても役立ちました。
自分で印刷できるということは、数に限度はありますが、 仕上がりを確認
しながら作業できますし、クライアントの増刷の依頼に1枚単位で即対応
できるので強みです。

おかげさまでクライアントにもご満足いただいております。
ありがとうございました。」

詳しく見る

津島 タカシ / USAGI

---津島 タカシさんからの感想---

イラストレーターの津島 タカシさん。

特注品である「びざんA5サイズ」にプリントされた作品例として、掲載させていただけないか、
とご相談したところ、ご協力いただきました。

「刷ってみた感想ですが、サイズ的にもちょうどいいサイズで、刷り上がりの色や質感も大変
満足しております。私の作品の滲みのような質感が、より風合い良く表現できて、この紙と出
会ったことに感謝いたします。」

「作品の表現が和紙に滲んだような着彩を、photoshop上でレイヤーを重ねて制作してますので、
プリントの仕上がりは、思った以上のニュアンスや質感を表現できるので満足してます。
インクの発色も良い意味で派手すぎず、暖かく落ち着いた発色で気に入ってます。
作品のニュアンスを和紙の質感や風合いが引き立ててくれているので、思った以上の効果が出る
こともあり、刷り上がりが楽しみな紙でもあります。
価格に関しては和紙の性質上仕方ないとは思いますが、やはりお高めな印象はありまね。」

A.I.J.P.をご使用になる方へアドバイスをいただきました。

「作品をモニターで見るより刷り上がりは風合いがでますので、和紙での刷り上がりをイメージ
しながら制作する事ですね。色味などは試し刷り用の「いんべ」など小さいサイズで刷ってみて
確認するとだいたいイメージは掴めると思います。」

西山 欣子(きんこ)/「 一日の終わり 」

---きんこさんからの感想---

きんこさんは、「水彩色鉛筆やパステル」を使って描いたイラスト原画を
スキャンして和紙へプリントされます。原画を再現できたか不安でしたが、

「再現できました。イラストによっては原画よりいい感じにしあがることもあります。」

と、うれしいお言葉をいただきました。

洋紙へのプリントと違う点は、
「原画を描くのに和紙風の特殊紙を使う事も多いので紙自体の風合いが出て、効果的です。
色鉛筆画などのやわらかいタッチが和紙を使う事によってより味わい深くなります。」

詳しく見る

SASAWASHI /(ショップ 東京・青山)

「AIJP雲流紙ロール」を素敵に使われたご使用例です。
幅111.8cm×長さ15mのロール紙を、うまく活用していただきました。

こちら東京は青山の「SASAWASHI」というお店で、ブランドのロゴを
「AIJP雲流ロール紙」にプリントされ、タペストリーにされました。

「光を当てたときに、透け感や表情感もあっていいイメージで、
 なおかつ、強度があるので、重宝しております。」

と、嬉しいお言葉をいただきました! ありがとうございます!

渡辺 雅之/「錦魚」(上の作品)・「紅点」(下)

エプソンのイベントにて、アワガミ「A.I.J.P.」を知っていただいた
渡辺さんは、モノクロ写真、カラー写真、グラフィックを使った作品
づくりをされています。

---渡辺さんからの感想---

耳付きの和紙である「びざん」が伝統文化である「日本画」のイメー
ジと自分の中で融合したため、採用してみました。余白を幾分広くし
て額縁効果をねらいました。
その風合いにとても満足しています。


「錦魚」(上の作品)のような落ち着いた色調の絵には「びざん白」
を用いました。プリンターキャリブレーションツールによって、自分
で用紙のICCプロファイルを作成して出力しましたが、それでも元々
の紙色のためか黄色が強く発色する傾向があり、微調整が必要でした。
しかし、結果として絵が全体的にくすんだ中にも、背景の黄色部分が
鮮やかになり、そこだけ金箔や金泥で処理したような感じに仕上げる
ことができました。
「錦魚」作成においては、「びざん白」の黄色の発色の癖が、良くも
悪くも働いた印象です。

「紅点」(下の作品)は、清々しさを表現するために、「びざん純白」
を用いました。こちらもICCプロファイルを作成しましたが、発色の
癖は特に見られずデータどおりに出力できました。

詳しく見る

阿部 千香子

---阿部さんからの感想---

黒の発色がすばらしく、カラーもマットな落ち着いた色合いに仕上がります。色と色の接点もお互いの色に対して侵食せずにかなりくっきりと出力されました。
額装して展示していたのですが、和紙のやわらかさと少しインクが紙の上に乗ったようなにじみのない仕上がりがシルクスクリーン作品のように見えたようです。

紙についている粉が原因のようですが、複数枚印刷していると徐々に紙送りが悪くなってきます。手差しのように少し手で押し込むか蓋を開けて中のベルト部分を清掃する必要がありました。途中で普通紙印刷を何度かはさむという手もありますが。。
この点は難しいかと思いますが改善されてくれるとより嬉しいです。

詳しく見る

山本 清 / surface

詳しく見る

きのとりこ/青の情熱~The Passion Blue~

                         *size H:557×W:210mm

 〜きのとりこさんは、人魚姫をモチーフにした絵本と額装を製作されました〜

---きのとりこさんからの感想---

手に取る本のページは「こすり」に強い染料インクを、壁面に飾る大判の作品は「ひかり」に強い顔料インクを、と、2種類のプリンタを使い分けました。
どちらのプリンタでも、アワガミのインクジェット・ペーパーは滲むことなく、細い線もキレイに再現してくれました。

詳しく見る

| 1 |