写真:「白峰」使用作品実例

いしい まこ:写真・今村 扶貴子:書 / 『節絵』- 可惜夜・紫陽花・花衣 -

今回、ご紹介いただきました作品はすべて

 書:今村 扶貴子
 写真:いしい まこ

お二人の「書と写真」のコラボレーションとなっております。


いしい まこさんにいろいろとお話をお聞きしました。

和紙を使ってみて苦労した点について。
「色の調整を、パソコンで少し明るめにしておくことで和紙の沈む色合いの調整をしました。
プリントした後に、ドーサと膠(にかわ)を使い、金箔銀箔を振りかけて定着させています。
A4の和紙は、上手に乗せられるのですがハガキの手漉き和紙は、ドーサと俄を使うと滲み出る
場合が多々あります。

なんどか大きな作品は、アワガミファクトリーの出力サービスを利用させて頂きました。
いつも美しい色で表現していただけるのでとても素敵でした。ありがとうございます。」

和紙を使ってみてうまくいった点について。
「ボカした所の滲み出る色彩をうまく表現してくれます。アワガミさんの和紙は、和紙の特徴が
美しく作られているので写真を絵画のような表現出来るのになり、とても気に入っています。」

展示の際に、工夫された点について。
「和を基調した昔の床の間などの掛け軸の小さなモノをイメージして、今のお部屋にも飾れるよ
うな形にしています。四季が変われば簡単に掛けかけられるような作品作りを心がけています。」

今後どのような作品を作る予定ですか。
「月と花を組み合わせた多重露光という撮影法で 月満ち欠けシリーズを作りたいと考えています。」

二人展 /書家&写真作家コラボHP
https://makomako9.webnode.jp

kibino-n. / 日々の草花たちの小さな写真展

「日々の草花たちの小さな写真展」という個展をした時に
窓際をアワガミのポストカードたちで彩りました。


「白峰 はがき」と「びざん 純白 中厚口(A5)」 を使って制作しました。
紙を通し慣れるまで緊張しましたが、発色が良くて思った以上に良く仕上がりました。

和紙で表現したらステキだと思う、柔らかな花や風景の写真を撮ってプリントしていきたいです。
いつか上手に撮れるようになったら掛け軸にもチャレンジしたいです。


これからも御社の製品を使って行きたいと思っております。
紙に負けないように頑張って行きたいと思ってます。

peco/手漉き和紙のポストカード

---pecoさんからの感想---

アワガミさんにはいつもお世話になってます!
白峰ができた時にモニターとして、使わせていただいた時の写真です。

「耳付きのハガキサイズのインクジェットペーパー、待ってました!」
という感じです(笑)。

耳の部分があることで、和紙独特の風合いを活かした小作品がつくりやすく、
とても使いやすいです。
プリントされた風合いも、和紙ならではのやわらかい雰囲気が活かされた発色でとても気に入ってます。

詳しく見る

| 1 |