「雲流」使用:写真作品実例

いしい まこ:写真・今村 扶貴子:書 / 『節絵』- 可惜夜・紫陽花・花衣 -

今回、ご紹介いただきました作品はすべて

 書:今村 扶貴子
 写真:いしい まこ

お二人の「書と写真」のコラボレーションとなっております。


いしい まこさんにいろいろとお話をお聞きしました。

和紙を使ってみて苦労した点について。
「色の調整を、パソコンで少し明るめにしておくことで和紙の沈む色合いの調整をしました。
プリントした後に、ドーサと膠(にかわ)を使い、金箔銀箔を振りかけて定着させています。
A4の和紙は、上手に乗せられるのですがハガキの手漉き和紙は、ドーサと俄を使うと滲み出る
場合が多々あります。

なんどか大きな作品は、アワガミファクトリーの出力サービスを利用させて頂きました。
いつも美しい色で表現していただけるのでとても素敵でした。ありがとうございます。」

和紙を使ってみてうまくいった点について。
「ボカした所の滲み出る色彩をうまく表現してくれます。アワガミさんの和紙は、和紙の特徴が
美しく作られているので写真を絵画のような表現出来るのになり、とても気に入っています。」

展示の際に、工夫された点について。
「和を基調した昔の床の間などの掛け軸の小さなモノをイメージして、今のお部屋にも飾れるよ
うな形にしています。四季が変われば簡単に掛けかけられるような作品作りを心がけています。」

今後どのような作品を作る予定ですか。
「月と花を組み合わせた多重露光という撮影法で 月満ち欠けシリーズを作りたいと考えています。」

二人展 /書家&写真作家コラボHP
https://makomako9.webnode.jp

Motoko Tachikawa / Volubilis「朝顔」


フランスに住んでいますので、日本では制作していませんが、
年に数回の帰国の折に、アワガミファクトリーの和紙を購入させて頂いています。

最近作ったアーティストブック『Volubilis (朝顔)』では、AIJ雲流(薄口)に写真をプリントした後、蠟引きをして透明感を出しました。
この本の最初のページには、銀和紙を使いました。

アーティストブック制作には、印刷後ページを折るため、柔らかい忌部、雲流を使っています。
その他、デジタル版画も、びざん(厚口)手漉き紙を使って作りました。

鮮明に印刷できると同時に、洋紙に比べてあたたかい感じの仕上がりなので、満足しています。
発色もとても良いと思います。

今後も和紙独特の製品開発をお願いします。

緒方 弘之・緒方 桂子 / 春浪漫

---緒方 弘之さんからの感想---


和紙は色が「くすむ」、コントラストが「弱い」の先入観がありましたが、最初の試しプリントで払拭
できました。
色調が柔らかく濃度も高いのでコントラストが得られる。私はコントラストの強い作品が多いのでメリ
ハリの得られない用紙は使用しません。
今回の写真展の来場者も濃度と色調の良さに驚いています。皆さんも私と同じような先入観がある方が
多かったので認識を新たにしたのではないでしょうか。
ただし光沢紙の画像処理よりもやや濃度、彩度も高めが仕上がりは良いように感じました。


これからA.I.J.P.をご使用になる方へのアドバイスとしましては、「先ずサンプル紙で通常のレタッチ
でプリントし種類の比較確認をすること。」そして、「紙の色(ベース)と作品の内容は良く吟味する
こと。」をおすすめします。


                           作品(上部3作品):緒方 弘之さんの作品
                           作品(下部3作品):緒方 桂子さんの作品

詳しく見る

眞本 尚二 / 心

滋賀県大津市在住の眞本 尚二さんをご紹介します。

ご本人のプロフィールより:
「琵琶湖の魅力を撮り続け、カメラ雑誌などに何度か入選歴のあるアマチュア
カメラマン」

眞本さんの作品は以前、こちらでもご紹介させていただきました。↓ ↓
http://works.awagami-aijp.com/2011/02/post-5.html#more


今回、こちらの「心」という作品が、【 2011 JPS展 】にて入選され、
二枚組の作品のうち、一枚に、「AIJPプレミオ雲流」を使っていただきました。

| 1 |