プレミオ雲流作品実例

長瀬 正太 / 「湊(そう)」・「心 重ねて」

---長瀬 正太さんからの感想---

作品紹介:上の作品「湊(そう)」竹和紙170g使用
     下の作品「心 重ねて」プレミオ雲流使用

普通の習字に使うような和紙をプリントしようとしますと・・・紙がプリンターの中でクチャクチャ
になってしまったり・・・・色が滲んでしまって絵にならなかったり・・・・
紙の粉が大量に出るので、プリントの度にプリンターを開けてクリーニングしなくてはな
らなかったり・・・・色々と大変だったそうです。

ですが、この「阿波紙インクジェットペーパー」は・・・和紙にある程度の厚みを持たせてくれてあ
り、紙表面にもインクジェットプリンター用にコーティングがしてあるのでインクが滲まないように
なっています。

初めて阿波紙インクジェットペーパーのサンプルにプリントをした時・・・・
「あ、これなら写真に使える・・・・これなら作品として仕上げる事が出来る!」と思いました。

中でも、私が多用するのは「竹和紙」と「プレミオ雲流」の2種類になります。

詳しく見る

長瀬 正太 / 心 重ねて

ネットで知り合った写真仲間さんからのご紹介により「AIJP」を使われるようになったという、長瀬さん。「AIJP」の使い心地などを、詳しく教えてくださいました。

「阿波紙和紙さんと出会えて本当に良かったと思っています。

発色も良くにじみもなくコントラストも予想以上に高くて・・・とてもこれが和紙とは思えない程でした。

実際に写真展の作品で使用した際も、観に来て下さったカメラマンさんのほとんどが「これが和紙!?」と驚いていらっしゃいました。
「先生に一度見てきた方が良いと言われて来ました!」なんて口コミで広がって写真展に来てくださる方も多かったです。

今現在はAIJPの「プレミオ雲流」をメインに使わせて頂いておりますが、和紙独特の細かい粒子がとても光を柔らかく、暖かく反射してくれますし・・・さらに荒々しく入った楮の繊維によって得られる色の濃淡やラインが僕の写真に新しい表情と感情を与えてくれます。」

詳しく見る

眞本 尚二 / いざない(カラー作品), しらべ(モノクロ作品)

滋賀県大津市在住の眞本 尚二さんをご紹介します。
「琵琶湖の魅力を撮り続け、カメラ雑誌などに何度か入選歴のあるアマチュアカメラマン」
というプロフィールです。
「プレミオ雲流」を使ってモノクロ写真やカラー写真の作品づくりをされています。

上の作品は「プレミオ雲流A3ノビ」で印刷し左右を少しカットして、表面はアクリル加工
したものです。
彩度を落としたものを印刷して、東京・池袋にある株式会社カシマさんにて、
アクリル加工されたそうです。

「プレミオ雲流」のプリントについての貴重なご意見をいただきました。

【プリントの仕上がりやインクの発色について】
 いずれも私の作風によく合います。想像以上に発色は良いです。

【プリントの際、気をつける点と、風合いについて】
 プレミオ 雲流は、和紙の柄が大きく1枚1枚違う柄なので印刷の前にその柄と
 作品のバランスを考えて印刷紙と用紙方向を決めています。
 肝心の風合いは、とても優しい仕上がりになります。

【価格について】
 他の印刷用紙と比べても特に高価だとは思いません。
 それだけインパクトがありますので、正直納得価格です。

【眞本 尚二さんの作風と和紙について】
 私の作風は、どちらかと言いますと「彩度」を落としたり濃い黒を省いて
 モノクロ化することにより、やさしい作品に仕上げる傾向がありますので、
 プレミオ 雲流は、理想に近い印刷用紙です。
 

詳しく見る

堤 俊太郎

学名:Nelumbo nucifera 別名:レンコン(蓮根), ハスネ(蓮根), ハチス(蜂巣) 花期:夏
 
写真は、葉山町の、ご近所の方で栽培されてる蓮の花です。
なかには、鎌倉時代から続く古代蓮も有ります。
原産地はインドであるといわれ,日本には中国を通じて伝わったものです。

---堤さんからの感想---

この和紙の素材は、見ていただく方が一目で和紙と感じ気に入っています。
まだ手を付けていないのですが、2枚に剥がれるようですので、剥がし障子は、もちろんガラスやアクリルに張り透過光で見ればもっと綺麗に表現出来るような気がします。(その後、テストでガラスに張ってみたのですが、とても綺麗でしたよ。)

それに、今はやりの脱石油商品として地球に優しい素材です。
多くの人が使用すると良いですね。

詳しく見る

| 1 |