プレミオいんべ作品実例

渡邊 直人 / Side_B

---渡邊 直人さんからのご感想---

AIJPを使うようになって既に8年になりますが、とてもユニークな表現ができるインクジェット用紙だと感じています。

まずなにより、中間からハイライトにかけてのトーンがとてもなめらかに再現できる点が気に入っています。微妙なグラデーションも綺麗に再現されるので、柔らかい光線状態で撮影したポートレートや花のマクロなどには特に相性がよいと思います。

また、モノとしての質感の良さも、この用紙ならではの魅力です。微妙なテクスチャや紙そのものの厚み・重量感など、特に展示で用いた際には独特の存在感があります。ほとんど反射を拾わない上、印刷後の色の安定性も良いので、長期の展示にも向いていると思います。(掲載の写真は今からまる3年ほど前に刷ったものですが、未だに目立った劣化は見られません)

一般的な写真用紙に比べると、暗部の締りが弱く、輪郭も若干滲んだような描写になるのは確かです。しかし、そうした特性を「短所」と見るか「長所」と見るかは、写真のセレクトの問題が大きいように思います。用紙の特性に応じた絵柄を考えながら使用しています。

様々な種類の紙に写真が刷れるようになったのは、まさにデジタル時代の恩恵だと思います。特殊な機材や設定を必要とせず、一般的なプリンタで気軽に和紙表現が楽しめる用紙として、ぜひお勧めします。


model: LUPI
hair&make: Akihiro Kimura

ダニエル・ロペス / Cross over

外国人から見た、日記のような沖縄の「顔」の記録。

スイス出身、沖縄在住の写真家ダニエル・ロペスの、
過ぎ行く歳月が刻まれた沖縄各地「壁」に表情を見いだし、
擬人化するように鑑賞をしむける写真。

外国人がそれぞれの視点・方法で「沖縄」を見つめて、描いた展示会。

https://www.youtube.com/watch?v=GzDjzbOOqBo&vl=ja

オビカカズミ / 私の居るトコロ

---オビカカズミさんからの感想---

和紙を使うきっかけは、
「以前からプリントアウトする紙をいろいろと探していたのですが、昨年の個展開催を
キッカケに真剣に探し始めていたら友人からプリントアウトできる阿波和紙があるとす
すめられて。」だそうです。

実際に使われてみて、「手差しで一枚一枚いれないといけないところ。」は、困った点
ですが、「なんといっても風合いがいいです。デジタルとはおもえない暖かみが出ます。
よく"版画ですか?"と聞かれます。」とのこと。


写真は、オビカさんの住む四国瀬戸内のモノや風景が描かれた作品を展示された
「表参道・HBギャラリー」での「私の居るトコロ」展の様子。
http://awagami.jugem.jp/?eid=842

A3の作品はアワガミファクトリーの出力サービスもご利用いただきました。
http://www.awagami-aijp.com/print/service/index.html


詳しく見る

| 1 |