「いんべ」使用:写真作品実例

Alice Tremblais

Awagami's ancestral tradition and technical washi-making expertise turns each paper into a masterpiece. The papers unique qualities place it at the heart of the artist's creation process.
Printing gives washi a second story as the fibers and pigments interact - revealing softness & sharpness, density & transparency, lightness & strength...
These days artists also approach the papers printed surface not as simply an 'end to
the means' but as a layer to be further manipulated, painted upon, varnished, re-worked, etc....During this final creative movement, perhaps no other paper can give the artist's hand such fluidity and freedom as Awagami washi.
For a master printer or an artist, working with Awagami washi is simply a joyous and unending adventure.

Alice Tremblais
Chef de projets
Okometa Paris, France

楊 ダニエル / The Royal Workshop Japan

---楊 ダニエルさんからの感想---

ブライダルアルバムの制作をされておられる、楊 ダニエルさんに、AIJPについて
おうかがいしました。

「和紙を使ってよかったこと。」
和紙の表面の荒さと、フィルム写真の粒子が非常にマッチすること。
写真の深さと物語の深さが、普通の光沢紙より増します。
白い壁に1枚のこの作品を飾るだけで芸術作品になります。

「和紙を使って困ったこと。」
和紙の上にホコリやチリがあるとインクがのらない。
インクをのせたり乾かしたりするのに細かい計算が必要。
和紙は重いのでマニュアルで紙をプリンターに差し込まないといけない。

これからAIJPをお使いになる方へは、上記のことを気をつけてください、との
ことです。

「写真を和紙にプリントするときに気をつけているところ。」
必ず印刷前にブロワーでホコリを優しくとります。
白手袋を着用します。
プリンターののトレーに紙を入れてオートで印刷するのではなく、
マニュアルで調整しながらいれます。

このように、丁寧に和紙をあつかってくださるダニエルさんは、アルバムの製本も
とても丁寧にされておられます。まさに、「世界に一つだけしかない」心のこもった
アルバムですね。


渡邊 直人 / 波打ち際で君は...

2年ほど前、吉田繁著「デジタルモノクロファインプリントマスターBOOK」(玄光社)
で紹介されていたのを見て「A.I.J.P.」を知られたという渡邊さん。


プリントのご感想は、「一般的なインクジェット用紙に比べると、中間からハイライト
にかけてのトーンがとても柔らかに再現されます。また、色のグラデーションも非常にな
めらかなので、ポートレートやボケを生かしたマクロなどには大変向いていると感じてい
ます。若干、輪郭がにじんだように、甘く描写されますが、そこは絵柄の選択の問題。
むしろその特性を生かせるような写真のセレクトをするのが良いと思います。

また、通常の用紙にはない、モノとしての質感の良さも気に入っています。プレゼントし
た際に喜んでいただけるのはもちろん、製作者にとっても、独特の風合いや、紙の種類に
よって異なるテクスチャを勘案しながら用紙を選ぶのは、通常の光沢紙では絶対に味わえ
ない楽しみだと思います。

色の経年変化も少ないですし、価格も生産の手間を考えればリーズナブルに設定していた
だいていると思います。プレゼントとして差し上げる時も、安心してお渡しできます。」

詳しく見る

| 1 |