「楮」使用:イラスト・CG作品実例

にしむら かおり / 大坂夏の陣 「にゃんたときはち」

---にしむら かおりさんからの感想---

アワガミファクトリーさんをインターネットで知り、今回「 IJ-0343 楮(厚口)生成 A3サイズ」を使用しました。

私の作品はフォトショップでの彩色ですので、原画はデジタル出力した形になります。
なので、紙のちがいが色調のちがいに率直に反映されます。
アワガミファクトリーさんの和紙に出合うまで1年くらい試行錯誤して探しました。

プリントアウトも私の重要な制作工程なので、最後はまるで浮世絵の摺師みたいになって、
ミドリが強い、キイロが弱いと何回も微調整を繰り返しながら最後の色にたどり着きます。

アワガミファクトリーさんの和紙は、一般的な用紙とは風合いや微妙な中間色の濃度が違いました。
とにかく墨のかすれ具合や濃度を表現したい時には最適で、
私の作品は日本の絵巻物を意識して彩色しているので特に良かったです。

それから、何より私がアワガミファクトリーさんに感謝したいのは西国の阿波で和紙を作られていることです。
これから、私は関西の上方を舞台として作品を描こうと思っていますので、大坂の北前船の話や、
宗右衛門町の義太夫の話を、阿波の和紙で刷っていますというのは関西文化を世界に広める上で、大変誇り高いことだと思うのです。

今後、自分のルーツ(大坂船場商家)という狭く濃いテーマを軸とした絵本を、世界に向けて発信していきたいと思っています。

詳しく見る

オビカカズミ / 私の居るトコロ

---オビカカズミさんからの感想---

和紙を使うきっかけは、
「以前からプリントアウトする紙をいろいろと探していたのですが、昨年の個展開催を
キッカケに真剣に探し始めていたら友人からプリントアウトできる阿波和紙があるとす
すめられて。」だそうです。

実際に使われてみて、「手差しで一枚一枚いれないといけないところ。」は、困った点
ですが、「なんといっても風合いがいいです。デジタルとはおもえない暖かみが出ます。
よく"版画ですか?"と聞かれます。」とのこと。


写真は、オビカさんの住む四国瀬戸内のモノや風景が描かれた作品を展示された
「表参道・HBギャラリー」での「私の居るトコロ」展の様子。
http://awagami.jugem.jp/?eid=842

A3の作品はアワガミファクトリーの出力サービスもご利用いただきました。
http://www.awagami-aijp.com/print/service/index.html


詳しく見る

阿部 千香子

---阿部さんからの感想---

黒の発色がすばらしく、カラーもマットな落ち着いた色合いに仕上がります。色と色の接点もお互いの色に対して侵食せずにかなりくっきりと出力されました。
額装して展示していたのですが、和紙のやわらかさと少しインクが紙の上に乗ったようなにじみのない仕上がりがシルクスクリーン作品のように見えたようです。

紙についている粉が原因のようですが、複数枚印刷していると徐々に紙送りが悪くなってきます。手差しのように少し手で押し込むか蓋を開けて中のベルト部分を清掃する必要がありました。途中で普通紙印刷を何度かはさむという手もありますが。。
この点は難しいかと思いますが改善されてくれるとより嬉しいです。

詳しく見る

| 1 |