イラスト・CG作品実例

にしむら かおり / 大坂夏の陣 「にゃんたときはち」

---にしむら かおりさんからの感想---

アワガミファクトリーさんをインターネットで知り、今回「 IJ-0343 楮(厚口)生成 A3サイズ」を使用しました。

私の作品はフォトショップでの彩色ですので、原画はデジタル出力した形になります。
なので、紙のちがいが色調のちがいに率直に反映されます。
アワガミファクトリーさんの和紙に出合うまで1年くらい試行錯誤して探しました。

プリントアウトも私の重要な制作工程なので、最後はまるで浮世絵の摺師みたいになって、
ミドリが強い、キイロが弱いと何回も微調整を繰り返しながら最後の色にたどり着きます。

アワガミファクトリーさんの和紙は、一般的な用紙とは風合いや微妙な中間色の濃度が違いました。
とにかく墨のかすれ具合や濃度を表現したい時には最適で、
私の作品は日本の絵巻物を意識して彩色しているので特に良かったです。

それから、何より私がアワガミファクトリーさんに感謝したいのは西国の阿波で和紙を作られていることです。
これから、私は関西の上方を舞台として作品を描こうと思っていますので、大坂の北前船の話や、
宗右衛門町の義太夫の話を、阿波の和紙で刷っていますというのは関西文化を世界に広める上で、大変誇り高いことだと思うのです。

今後、自分のルーツ(大坂船場商家)という狭く濃いテーマを軸とした絵本を、世界に向けて発信していきたいと思っています。

いろいろな会社のプリント可能という和紙を使いましたが、アワガミファクトリーさんが一番使い勝手が良かったです。
インクの減り方が遅いし、中間色が出しやすい。色が明るく出やすいです。
最後は何度も試し刷りをして自分のイメージの色に近づけていく作業になるので、あらかじめ色物指を作っておくのも良いかもしれないです。

*写真は「大坂夏の陣 にゃんたときはち」絵本原画展の様子です。
アラブの国際絵本原画展「Sharjah Children's Reading Festival Exhibition in 2016 (5th Session)」(第5回 2016年シャールジャ子供の本イラスト展示会)にて、この絵本が入選されました。http://www.scrf.ae/Default

制作者: にしむら かおり
URL: http://kaeru6572nishimura.wix.com/studio-kaeru
使用した紙: 楮/厚口/生成/A3
使用したプリンタ: EPSON PX-1700F
プリンタの設定について:

その作品によって様々

前のページに戻る