写真作品実例

山本 功巳/A distance of atmosphere

---山本さんからの感想---

インターネットで見られたのがきっかけで、AIJPをお使いいただけるよう
になった山本 功巳さん。
「銀塩写真の材料がどんどんなくなっていったので、
モノクロバライタ紙の代わりになるインクジェット紙を探していました。
いろんな紙のセットが入ったおためしセットがあったのでまずは、それを
注文してプリントしてみたらとても気に入りました。それからずっと愛用
してます。主につかうのは、びざんと楮の生成りです。」


「モノクロ写真なので、黒のバリエーションの中でどれだけ階調をだすこ
とができるかが問題でした。
最初は黒すぎたりして失敗しましたが、慣れてくると乾いてからこれぐら
いは出るだろうとか予測できるようになりました。価格はもう少し安くな
るとうれしいですが、それで品質が落ちるといやですね。

山本さんは、「びざん」の中でも、プリンターに通しやすく、自然色の
「びざん中厚口 白」をよくお使いいただいています。

最後に、これからご使用になる方へアドバイスをいただきました。
「銀塩プリントの材料が激減していく中、思い通りの作品を残すにはアーカ
イバルピグメントプリント(顔料インク)に変更していく方も多いと思いま
す。
モノクロ プリントの場合、インクの吸いこみ具合と乾いてからの階調の具合
に気をつけてください。

私が使った中では「びざん」が最高です。
世界中にお勧めしたいです。」

制作者: 山本 功巳
URL: http://kumiyamamoto.com/
使用した紙: びざん/白/中厚口/A3
使用したプリンタ: エプソンマックスアート5500と5800
プリンタの設定について:

用紙設定:画材用紙・顔料
モード:1440dpi
ソフト:フォトショップcs2かcs4

前のページに戻る