写真作品実例

高橋 和幸/「パテックフィリップと蓮」

---高橋 和幸さんからの感想---

和紙の風合いを求めて使用しました。今のところ時計の金属性と和紙のマテリアルのマッチが面白く表現できていると思います。スイスの時計会社の社長に見せたら大変気に入って、オリジナルプリントを50枚納めました。
個人的には廃校になった穴吹の口山中学校の教室の中を撮ったプリントが気に入っています。(写真左下)
当時を思い出させるような懐かしい雰囲気が漂っています。

プリントする時には、一枚ずつ「手差し」で行いましたが、手漉き紙の「びざん」は紙の厚みが左右で微妙に違うためか、歪んで給紙されることがありました。
その時は、手で軽く押し込んでやるとうまくいきました。

▼高橋さんの作品についての詳細

制作者: 高橋 和幸
URL: http://www.paco-kaz.com/
使用した紙: びざん/純白/中厚口/A3
使用したプリンタ: Epson PX-5800
プリンタの設定について:

用紙種類 : マットペーパー
プリンタプロファイル : PX5800フォトマット

前のページに戻る